まつ毛パーマ

根本立ち上げリフト系のまつ毛パーマについて詳しく解説!

ココ数年で流行のまつ毛パーマ、「リフト系」のまつ毛パーマについて詳しく解説していきたいと思います。

リフト系まつ毛パーマとはどんなもの?

最近ではまつ毛の根元だけにカールを付けるパリジェンヌラッシュリフトや自まつ毛をカールさせた状態で、まつエクを装着するアイラッシュ技術のアップワードラッシュなど、 自まつ毛を根元から立ち上げる施術が流行しています。

このような施術の特徴は自まつげを生え際の根本からしっかりと立ち上げることを目的としているため、パッチリ感が出てるのが最大の特徴です。逆さまつげや下がりまつ毛の人にもとても人気があります。

通常のまつ毛パーマと違う点

①根本だけにカールをつける
②自まつげの根本だけを立ち上げる
③薬剤が弱くまつ毛にも優しい
④持ちは平均2週間前後
⑤価格は6000円台〜1万円と割高
⑥ロッドは1種類のみでカールは選べないものもある
⑦施術時間が長い

リフト系パーマは最新の技術?

実はそうではありません。

まつ毛を根本から立ち上げるこれらの技術は、表参道などを中心とした有名まつ毛パーマ専門店では人気メニューとして行われてきたカールメニューで、特別なものではありません。

この古くから人気のある根本を立ち上げるまつ毛パーマ技法に各サロンが独自で名前をつけたものが最近流行の〇〇ラッシュで、独自の呼び名をつけて施術メニューに導入するサロンが急増しました。パリジェンヌラッシュリフトやアップワードラッシュもその一つ。

根本を立ち上げて目元をぱっちりさせるまつ毛パーマはまつ毛パーマ専門店では希望すればどのサロンでも行うことができます。仕上がりに大きな違いはありません。

〇〇ラッシュ系の施術は、アイリストが数日間の研修をうけて施術方法を学び、サロンメニューに導入するパターンが一般的。そのため、高い料金を支払い〇〇ラッシュなどといった名前がついたものを特段選択する必要はありません。

おすすめのリフト系は何?

特別な〇〇カール、などと行った名前がついた施術メニューを選ばなくてもOK!

まつ毛パーマ専門店、上手なアイリストさんであれば通常技術として根本から立ち上げる技、途中だけカールさせる、目尻だけカールさせる、毛先だけにパーマをかけるなどといった様々な技術を習得していますので、通常のパーマメニューでもデザインの一つとして受けることができ、技術力も高くおすすめです。

おすすめサロン

・アトリエ KT-2【ケーティーツー】(表参道)
・アトリエ・ミズ(渋谷)
・インターカット(六本木)

パリジェンヌラッシュリフトとは?

話題の次世代まつ毛パーマ「パリジェンヌラッシュリフト」。最近よく聞くけれどそれってなんだろう?

パリジェンヌラッシュリフトとは根本だけを立ち上げるパーマで、まつげに優しい薬剤(セッティング剤)を使い施術するメニューです。

根本を立ち上げるパーマをかけたい、下がりまつ毛を上げたい

パリジェンヌラッシュリフトのメリット

・化粧品登録された液体を使用し自まつ毛へのダメージが比較的少ない。
・通常のまつ毛パーマよりカール緩やか。
・根本だけを立ち上げる。

パリジェンヌラッシュリフトのデメリット

・作業工程が多く、通常のまつ毛パーマより施術時間がかかってしまう。
・根本にのみカールがつくためシャキーン!と鋭い感じになりやすい。
・優しい目元になりにくい。
・立ち上げることだけが目的なのでロッドは1種類のみ。カールは選べない。
・一重の場合きついイメージの目元になりやすい。
・通常のまつ毛パーマより比較的カールが取れやすい。
・料金が高い。

パリジェンヌラッシュリフトは、まつ毛に優しいという大きなメリット、そして施術時間が長い、キツいイメージになりやすい、似合わなかったなどのデメリットもあるのでしっかりとカウンセリングを行ってくれるサロンで施術するのがおすすめです。

ラッシュリフトとは?

ラッシュリフトとは、地まつ毛を根元から立ち上げる技術です。ラッシュリフトはまつげの根元からぐいっと立ち上げます。そのため自分のまつげを最大限に活かすことができまるでエクステのように見えるのが特徴です。ラッシュリフトで使う薬剤は、トリートメント成分が含まれているため、ケアをしながら負担をへらしたまつ毛パーマをかけることができます。

カールの持ちはそれぞれ個人差がありますが、施術者の間ではパリジェンヌラッシュリフトよりカール持ちが長いと評価されています。

次回:まつ毛パーマが根元からうまく上がらない!?うまく上げる方法と対策