まつ毛エクステ

“失敗しない”?セルフマツエクのトラブルやメリットを徹底調査

まつ毛エクステは好きだしやめられないけれど、毎月かかるコストがしんどい・・自分で出来たら安く済みますよね。

そんな理由からセルフエクステに注目している人も多いと思います。

このページではそんなセルフエクステについて詳しく解説、私ならこれを使おうと思えたおすすめのセルフエクステキットのお話もしていきたいと思います。

流行のセルフエクステをアイリストamiが徹底検証♪

セルフエクステキットが通販で人気が出ていますが、実際に出来なかった。。。

購入したけど良く分からなくてうまく使えない。という当店にご来店されるお客様も最近増えてきました。

そこで私もアイリストとして気になりだしたので、流行している『マツゲエクステセルフキット』を徹底検証してみることにしました。

セルフエクステをする前に

セルフエクステは、自分の目元に行うことが大前提です。
自分以外の誰かに行うことは法律で禁止されています。

ここ数年は消費生活センターや国民生活センターにマツエクのトラブルが多発しています。

まつ毛エクステは自分以外には資格がないと施術してはいけません。

自分につけてみて「とくにトラブルなかったから大丈夫だろう」と思っていると取り返しのつかない目のトラブルを起こしてしまう危険性もありますので注意しましょう。

セルフキットで自分でマツエクをする場合でも、注意点や使用方法などのコツをしっかりと把握し決して失敗しないようにしなければいけません。

無知識での目元への施術行為は失明の危険もありますので十分注意しましょう。

セルフエクステの安全性と使用方法

最近ではyoutubeでセルフエクステをつけている動画なども出ていますが、その時は何も起こらなかったとしても後々こんなトラブルが出てしまうだろうな。というような見ていてもかなり危険な動画も見かけます。

またコメント欄では、同じように真似してやったら目が荒れて開けられなくなった、翌日目やにで目が開かなくなって怖かった!などのトラブルコメントも多く見受けられました。

ami
ami
セルフエクステは通常のマツエクよりも素人が行う行為なのでかなり危険があります。決して安全ではありませんのでそのリスクをしっかりと把握して使用するようにしましょう。

セルフエクステはどうやってするの?

セルフエクステは通常にプロ用接着剤などは刺激が強く、目を閉じた状態でなければ使用できず、取り扱いが非常に難しくて危険なので使用できません。

セルフエクステで使用するもの

・ツイーザー

・接着剤(グルー)

・目元の保護テープ

・人工毛

・オフ用リムーバー

・グループレート

etc・・・

セルフエクステで使用する最低限の必須アイテムは上記の6点です。

市販のセルフエクステキットなどではこれらがすべてセットになって販売されています。

セルフエクステのメリット&デメリット

まつ毛エクステは訓練をして行うとても難しい技術ですがそれをセルフで行う場合のデメリットやメリットはどんなことなのでしょうか?

セルフエクステのメリット①コスパがいい

マツエクをサロンでする場合は通常1回5000円~8000円前後の料金がかかります。毛質や本数を上げると更に料金はプラスされます。

マツエクサロンによっても値段が変わります。

セルフエクステの場合ははじめにすべてセットで販売されているものを購入して5~10回使用することが出来るようです。

平均価格はスタート時のセットが約1万円前後で購入できるので1回の平均コストは1000円ちょっとで収まります。

セルフエクステのメリット②サロンに行く手間が省ける

自分の時間があまり無かったり、サロンに行くのが少し苦手だという人もいると思います。そんな場合は自分の好きなときにエクステを出来るのもメリットといえるでしょう。

セルフエクステのデメリット①結局使用しなくなる

なかなか思ったようにつかなくて購入後やっぱり使わなくなるという意見がとても多かったですね。

せっかく購入しても使えないのは本末転倒、もったいないですね。

セルフエクステのデメリット②目元のトラブル

目元のトラブルが起こりやすい。

接着剤のつけすぎや、つける場所が間違っていたりした場合に眼球や皮膚にアレルギーが起こりやすくなります。

通常アイリストは接着剤を毛根から1.5mm~2mmほど離れた場所につけますがセルフエクステをつける場合うまく離れた場所につけることが出来ず失敗しやすい。

セルフエクステのデメリット③時間がかかる、綺麗に出来ない

仕上がりが思ったようにいかないという声も多く上がりました。

パンフレットや動画のような仕上がりにするにはとったりつけたりを繰り返し両目で4時間かかったという方もいらっしゃいました。

また1本1本様子を見ながらつけていくことで仕上がるまでにかなり時間がかかるようです。

セルフエクステで起こりやすいトラブル

セルフエクステをした事のある方々に、実際に起こったトラブルを聞いてみました。皆様何かしらのトラブルが起こっているようです。

グルーが目に入った

20代女性
20代女性
グルーが目に入ってめっちゃ痛かったです!
ami
ami
セルフエクステも目元ギリギリにするので自分で行うとグルーが目に入る危険度はかなり高いですよね。
20代女性
20代女性
1週間ぐらいずっと眼球が痛かったんですよ・・
ami
ami
セルフエクステに使用するグルーは自分で使用できるように低刺激や無刺激といわれるタイプが多いですが、基本的には強力な接着剤です。

目に入ると危険です。

グルーが皮膚についた

同じくグルーは皮膚についてもアレルギーの発症や、皮膚のかぶれに原因になりますので注意しましょう。

まぶたは顔の中でも特に皮膚が薄い場所です。

黒ずみや色素沈着もしやすいのでまぶたに接着剤がついた場合はすぐに専用のリムーバーなどでしっかりとふき取り、その後水で洗い流してください。

目に毛やグルーが入った、刺さった

これも失明の危険性が高く非常に危険なトラブルのひとつです。

角膜が傷ついてしまうため、視力の低下や充血、アレルギーに発症などの様々なトラブルが起こりますので、セルフエクステをする際は絶対にエクステ毛やツイーザー、接着剤は目に入らないように注意しましょう。

下まつ毛とくっついてしまった

セルフエクステでは接着剤が乾くスピードが遅いため、瞬きをした際に上下のまつげ同士がくっついてしまってうまくいかないことも多いそうです。

その際に下まつ毛についてしまった接着剤やエクステをひっぱってしまって下まつ毛が抜けてしまうというトラブルも多いので注意しましょう。

オフがうまく出来ず地まつげにダメージ

ちょっと失敗したときや、付け替えしようとしたときに専用のリムーバーでオフをしますが、セルフエクステ専用のリムーバーは低刺激でリムーブ効果もゆっくりなので、オフには時間がかかります。

急いでオフしようとこすってしまってキューティクルがボロボロになったり、地まつげが抜けたりパサついた地まつげになる場こともあるので注意しましょう。

セルフエクステのまとめ

まつ毛エクステは美容師の国家資格が必要な技術です。

美容師の資格を持っていない技術者や、美容所登録を行っていないサロンは違法行為になります。セルフエクステも同様で、注意を払い自分につけてみる分にはかまいませんが、自分以外の他者に行うことはやめましょう。

また、セルフエクステセットなどの材料を購入する場合も値段だけで判断しないで、利用者の口コミなどもしっかりとチェックして納得できるものを購入するようにしましょう。

あわせて読みたい
まつ毛エクステ:デザインや本数に迷ったらまつ毛エクステのデザインや本数に迷ったことはありませんか? いつも同じデザインでやっていてもたまには違うデザインに変えてみたくなる...