• HOME
  • ブログ
  • Food
  • スイスの伝統料理“ロスティ”が美味しい!満たされアレンジレシピも紹介

スイスの伝統料理“ロスティ”が美味しい!満たされアレンジレシピも紹介

Food

「ロスティってなに?」「ロスティってどんな料理?」「聞いたことはあるけれど」そんな声が聞こえてくる、ロスティ。

ロスティとはスイスの伝統料理で、ジャガイモを細く千切りにしてカリカリに焼いた、料理のこと。ロスティは、外はカリッカリで中はほっくほく。

その食感とおいしさに病みつきになってしまう人が急増中!正式名称はRosti、Roschti。

スイスでは伝統的な料理で、ジャガイモのパンケーキとも呼ばれ、朝食によく食べられているんです。イメージは大きなハッシュドポテト。

ロスティってどうやって作るの?調味料は何が必要?

ロスティが大人気の秘密はなんといっても「お手軽さ」にあります。焼くだけで美味しい、コストコやカルディなどで販売されている“スイスデリス”のロスティは売り切れ続出になるほどの人気ですが、自宅でも簡単に作ることができます。

フライパンで焼くだけでOK!自分でジャガイモを使ってイチから作る時でも簡単!使うのはバターと塩だけ。

コストコやカルディ買えるスイスデリスのロスティが美味しい!

スイスデリスのロスティがとても人気。取り扱い場所は限られているのでなかなか入手が困難ですが、販売しているコストコやカルディでもその人気から売り切れては入荷を繰り返しています。

お味は程よい塩味がついていて、ぎゅっとジャガイモが詰まっていてカリカリモチモチで一度食べたら止まらない美味しさです。ハッシュドポテトに似ています。

そんなスイスデリスのロスティの調理方法はとても簡単!

スイスデリスの調理方法

スイスデリスのロスティは作り方も簡単です。

フライパンに油を少量入れて熱したら、そこにロスティを入れて焼くだけで出来上がります。もしも自宅のフライパンがテフロン加工されているものであればなんと油は一切使わないなんて、ヘルシーでいいですね。

カルディでのスイスデリスの値段は?

カルディではスイスデリスのロスティの値段が500gで現在428円(税込み)です。

近場で気軽にロスティを購入できるのがカルディの魅力。

コストコでのスイスデリスの値段は?

2017年からはついにコストコでもロスティの取り扱いが始まりました。

コストコでは3袋セットでなんと、899円(税込み)とカルディで2袋購入する値段とほぼ同じ!

これはロスティファンには嬉しい悲鳴ですね。

ロスティの“パーティ”アレンジレシピ

satomi🍓さん(@satomi_0819)がシェアした投稿

焼いたロスティの上に、グリーンリーフやルッコラ、トマトなど好み野菜でサラダに。カリカリロスティと一緒に食べる葉っぱ達がおいしい!見た目もとっても華やかでおしゃれなサラダになり食卓を引き立ててくれます。
ロスティはパーティでもテーブルを彩ってくれます。
ロスティを好きな大きさにカットして、カリッと焼いたら、トマトアスパラなどの野菜やチーズ生ハムなどをトッピングして華やさをプラスするのも◎!

 

munehiro❁さん(@mune__hiro)がシェアした投稿

ロスティのオーブン焼きも人気のパーティーレシピ!

ロスティと豚挽き肉、そしてチーズを交互に重ねて焼きます。これだけでみんな大好きロスティのオーブン焼きが完成!味付けはお好みで豚挽き肉の部分に塩コショウで味付けするのがおすすめ。ミートソースにしてもGOOD!

 

ロスティをピザのようにアレンジ。ピザ生地の代わりにロスティを使うことで、焼き上がりまでの時間も短縮できちゃうし、チーズやベーコン、トマトなどを乗せてカリッと焼けば子供から大人までみんな虜になること間違いなしのカリカリジューシーピザの出来上がり!

ピザ生地よりヘルシーなのも嬉い◎!

ゆりさん(@yuririyu200)がシェアした投稿

グラタン風ロスティは当社ライターhanaのお気に入りレシピ!ロスティをカリッカリに炒めたら、グラタン皿に焼いたロスティと、マッシュルームなどの好きな具材も入れましょう!そしてホワイトソースをロスティに重ねたら、オーブンで焼いて完成!

彼女はこのロスティグラタンを1週間に1回はランチで持参しているような。

お好みでホワイトソースの前にボロネーゼソースやミートソース、トマトソースを入れて食してもとっても美味しいんです。女性はグラタンやドリアなど大好きですよね♥。私は焼きたてのグラタンを口に入れた瞬間に、幸せで満たされます。

ロスティの“朝食&ランチ”アレンジレシピ


ロスティはジャガイモのポタージュも簡単に作れます。

じゃがいものポタージュといえば、自宅でつくるには何かと大変だけれど、スイスデリスのロスティを使えばじゃがいもから作るよりも濃厚でクリーミーなポタージュに仕上がります。

ポタージュ好きにはたまらない一品ですね。

カリカリに焼いたロスティと、フレッシュなサラダ。

それだけで有名カフェに劣らない朝食に。ミネストローネなどのスープと一緒に頂きたいですね。

 

mayumillionさん(@mayumillion)がシェアした投稿

ロスティで作るエッグベネディクトはカリカリととろとろが融合してとろけるおいしさ。

そしてライスコロッケならぬ、ロスティコロッケはランチにも夜のおつまみにしても最高!チーズをロスティで包んだらパン粉をつけてカラッと揚げるだけ。

濃厚なトマトソースや、ケチャップで食べたらやみつきに!

ロスティは塩がメインのシンプルな味付けで作り方もとても簡単ですが、そのアレンジバリエーションも果てしなく広くて、美味しく楽しい一品です。ぜひストックして活用したいですね。

by カエレバ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。