賢い女になって最高の幸せを手に入れる方法~1~

Love

“賢い女は男を立てる”といわれます。

自分、自分、の女性よりも男性をしっかりと引き立てて、立てる。そんな女性は必ず幸せになれるのです。

愛する人と今よりもっと幸せになるために、キュートで賢い女性になるためにこの記事をお届けします。

愛する人のココロをしっかり掴んで離さないために

お互いに愛し合って結婚した、付き合うことになった=すべてがうまくいくと信じ込んでいませんか?また、うまくいかないと感じた時、心の中で「どうして」と悲観したり、相手を責めてしまっていませんか?

誰かと歩んでいくというのは、自分の思い通りには進ままいこともあるということを忘れてはいけません。

こんな女性が永遠に愛され大切にされる

こんな女性は男性に寵愛されて、いつまでも大切にされています。そんな女性の特徴って?

  • 相手を叱責するかわりに、傷つきやすい
  • 相手をコントロールせず尊敬、信頼する
  • 不満を持たずに感謝する
  • 疑わずに信じる

これだけを見るとすごく我慢しているように感じますが、実はたくさんの欲しいものや幸せ、愛をたっぷり手に入れているんです。

愛する人をコントロールするのはOK?NG?

結婚、恋愛がスタートすると、最初は幸せいっぱいです。でも徐々に相手の欠点が気になってきたり目を光らせるようになってきます。相手に対して指摘したり、つい口出しするようになります。

このときほとんどの女性は「彼へのアドバイス」「彼が最良の選択をするように」という思いからしてしまう。仕事で帰宅したらゴロゴロ、好きなことばっかりしている、もう少し私を気遣ってほしい、もう少し私を見てほしい。そう思うのも仕方ないことではあります。

でもあなたの想いとは裏腹に、彼の反応が鈍かった場合にその鈍さにイライラしたりコントロールしていませんか?またコントロールしようとしていませんか?

彼の行動や、考えをコントロール使用とすればするほど、彼は思い通りには決してなることはありません。

私達女性も、もちろん男性は特に「誰かに自分を管理されたり、無理やり道を作られたりすること」を嫌います。

あなたが彼をコントロールしようとすればするほど彼の気持ちは離れていき2人の関係は深刻な状況になってしまいます。

相手をコントロールしようとするのは、自分が嫌な思いをしないため、自分の思い通りにしたいから、自分の理想意があるから、《相手をコントロールすることで自分を守る》この行為は反対にあなたを幸せから遠ざけてしまうのです。

相手に対して気になることがあっても決して否定しないこと。どうしてもコントロールしたい場合は方法を決して間違えないこと

結婚や恋愛、同棲生活がうまくいくためのルール

  • 彼をアンフェアにコントロールしないこと
  • 彼の意思や行動を尊重すること
  • 自分の目標を作って達成に向けて努力すること
  • 彼にあなたの望みを優しく伝えること
  • 家計は彼メインで管理すること
  • 彼からのスキンシップは拒まず、感謝する

幸せになるために“彼を信じる方法”

幸せを手に入れたいのであれば、“信じること”が大切です。

これができない女性が実は半数以上。自分が主導権を握って、あれやこれやと工夫したり支持したりすることで今よりもっと物事がうまく進むと思っている浅はかな考えを持つ女性が以外にも多い。

相手をコントロールしたり、求められていないアドバイスしたりする女性はまさに「相手を信じることができていない」。

その上、彼のために、○○のために、状態を良くするためにしたことと、自分を正当化するのは相手を信じることができない自分を隠すため。相手の選択を信じず自分の選択を信じているのです。

そのように相手を信じずにいると、彼はあなたを今より愛することはできず、あなたのために“こうしてあげたい”という気持ちはなくなっていきます。

相手を信用するためにあなたがすること

・期待しすぎないこと
期待しすぎるとそうではなかったときに、次回もっと信用できなくなりどんどん相手を信用できなくなっていきます。

・自分を信じること
自分を信じることができないでいると相手にも伝わり、伝染していきます。自分に自信と余裕を持つように心がけましょう

・信じるものは救われると心の中で唱える
私も何度も信じて良い結果になったことがあります。信じる者は救われる。まずはそこから信じてみましょう。

相手を信じることができない人の特徴

  • 傷つきやすい
  • 過去に大きく傷ついたことがある
  • プライドが高い
  • 自信過剰
  • 過去に裏切られたトラウマ

女性が相手の選択を信じるとき、“それが自分に最良の結果をもたらすことを期待(前提に)”してしまうのです。

このときに信じることができていればそのまま身をゆだねていればいいこと。でも信用していない人は口出ししたり別途自分でも脳内で計画を練ります。期待通りではなかった時にがっかりしたり傷つかないように自分を守ろうとします。

相手を信じることができない女性は、傷つくことを事前に予測してしまっているなど、自分の中の恐怖がそうさせているのです。

彼を信じられない人は傷つきやすいあなたをそのまま相手に表して、決して隠さないこと。急に彼を信じろといってもすぐにできたら苦労はしない。

信用しようとしてもなかなかできないときは、ゆっくりで大丈夫

それでも相手に愛される方法はあります。それは相手をコントロールするのを極力やめて、傷つきやすいあなたを見せること。怒る代わりに傷ついたことを表現することです。

男性は“怒る女性”には嫌悪感を抱きますが“悲しむ女性”は守ってあげよう、優しくしなくてはという思いが強くなります。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。