ついにきた“コールド・ブリュー”コーヒーに新しい風!?

Food

“コールド・ブリュー”コーヒーとは、水にコーヒー豆を少しずつじっくりとぽたぽたと落としながら抽出するドリップ方法のことを言います。

日本では古くから「水だしコーヒー」と呼ばれている手法も同じ。

このコールド・ブリューが世界中のコーヒーショップにおいて需要が急増しています。

ブルーボトルが缶入り“コールドブリュー”を発売!

あの人気コーヒーショップ、ブルーボトルがついに缶入りのコールド・ブリューコーヒーの発売を開始しました。

この缶入りのコールド・ブルーは現在(2018年時点)では日本では未発売でアメリカでのみ販売されていますので、お土産におねだりしてみて。

ブルーボトルコーヒーは楽天ショップの中に【オンラインショップ】を開いているので、店舗でしか購入できないブルーボトルコーヒーのグッズや、コーヒー豆を探すことができます。また、本格的なコールドブリューが自宅で楽しめるスターターキットも販売されています。

 

【Blue Bottle Coffee】

コールドブリュースターターキット

ブルーボトルコーヒーとは?

カリフォルニア州で2002年に誕生したブルーボトルコーヒー。

創業者はなんと日本の喫茶店に感銘を受けて、独自にコーヒー豆を焙煎してコーヒー作りをスタートさせたのがきっかけなんだそう。

現在はロサンゼルス、ニューヨーク、東京、サンフランシスコなどで店舗を展開中。

世界中の厳選コーヒー豆で“コールド・ブリューの進化系”が味わえるのはココ

VERVE COFFEE ROASTERS 

ヴァーヴ コーヒー ロースターズ シンジュク ステーション

ヴァーヴ コーヒー ロースターズとは?

世界中から直接買い付けを行っている、シングルオリジンのコーヒー豆が評判のコーヒーショップです。

日本でもコールドブリューのブームが広がる中、様々なコーヒー店でコールド・ブリューはもはや定番にもなりつつありますが、こちらの「ヴァーヴ コーヒー ロースターズ」が進化系のコールド・ブリューを引き連れて日本に進出。

その名も「ニトロ・ブリュー」コーヒーはなんと、微炭酸のアイスコーヒー

微発砲!?「ニトロブリュー」コーヒーって?


ニトロブリューは、「ニトロ・コーヒー」とも呼ばれていて、その見た目はまるで黒ビールのよう。

ニトロとは、窒素のことで、こちらのヴァーヴ コーヒー ロースターズではじっくりと抽出した「コールドブリュー」をいったん樽に入れて、グラスにサーブする時に窒素タンクを通し、コーヒーに窒素(ニトロ)を溶け込ませる手法

ビールサーバーからビールを注ぐようにタップからコーヒーを注ぐスタイルもワクワクする面白さがある。そんな面白さも相まって、アメリカではここ数年このニトロコーヒー人気が広がっている。

そしてまた、そのお味もとても美味しい。

まるでミルクを混ぜたかのような口当たりで、コーヒーの渋みとなめらかさが飲むたびに広がる。ニトロブリューの新感覚をぜひ体験してみて。

VERVE COFFEE ROASTERS
 ヴァーヴ コーヒー ロースターズ シンジュク ステーション

コールド・ブリューの基本的なつくり方

基本的な作り方は、滴落式では第1段階でコーヒー粉を湿らせる、1秒に1~2滴程度の水を落とす、3~5時間待つのが基本的。

使う器具や、豆の状態によって作り方のバリエーションはさまざま

1杯のコールドブリューを持ち歩けるRIVERSがおすすめ

人気のリバーズからも、見た目も可愛くコーヒーメーカーとしても優秀な“バール”が登場。

このバールですが、口当たりも良くコーヒーを頂けることから、発売以降とても人気があります。

バールには水出し用のストレーナーが付いているので、コールドブリューも簡単に作ることができます。

その作り方も実に簡単で細挽きのコーヒー豆をストレーナーに入れて、水を注ぐだけで8~12時間後(お好み)には美味しいコールドブリューができます。

そのまま職場に、学校に、ドライブに持ち歩くのもいい。

ウォールマグ バール コールドブリュー Wallmug Berl Cold Brew

 

コールドブリューが自宅で簡単つくれる器具が続々登場!

最近ではコールドブリューを取り扱っているコーヒー店はとても多く、気軽に味わえるのも魅力。

また、有名コーヒーショップでは自宅でコールドブリューができる器具を販売している(オンラインショップなどもあるので近場に店舗がなくても)のでぜひ購入してみては。

休日には美味しいコーヒーをのんびり味わいたいものですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。