まつ毛エクステ

まつ毛エクステ接着剤(グルー)の揮発とは?

まつ毛エクステサロンでカウンセリングやアフターケアの際に「グルーの揮発によって~」というフレーズで説明を受けたことがある人も多いかと思います。

AMI
AMI
揮発といわれてもいまいちピンと来ない人も多いのではないでしょうか?

このページではまつ毛エクステに使用する接着剤(グルー)の揮発について詳しくお話していきたいと思います。

 

揮発とは


まつ毛エクステをしたことがある人なら1度は聞いた事がある【揮発】というフレーズ。

常温で液体が気体になること。揮発とは液体が常温で気体となって発散すること。

まつ毛エクステの場合は、エクステを接着する接着剤(グルー)をボトルから出して使用するのですが、その際に接着剤が空気に触れて気体になったときに発するもの揮発を呼んでいます

まつ毛エクステの施術にグルーを使用する限り、必ず起こる【揮発】、それによって施術を受ける側の目元への反応も皮膚や眼球の強さ、弱さによって様々です。

グルーの揮発がもとで起こりやすいトラブルは、眼球の充血、しみる、痛い、目がシパシパする、ただれる、など。

AMI
AMI
目元が敏感な人用の揮発のダメージが弱い成分グルーもありますので目元が敏感、揮発の反応が出やすい人はアイリストに相談してみましょう

また、まつ毛エクステの施術中に目を閉じていても沁みる、違和感がある場合は粘膜が敏感、ドライアイな場合に多いです。

刺激の少ないも(持続力は下がりますが)のでの施術がベスト。また施術中に違和感を感じた際は、すぐ担当者に知らせて下さい。

グルーの揮発成分

グルーが固まる=硬化する際に一般的なアレルギーの一因である、VOC=ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物が発生します。
ホルムアルデヒドとはーコトバンク

このVOC(ホルムアルデヒド)はそのままにしておくとお客様の顔周りや、アイリストの手元に滞留します。

そのため目がしみたり施術者は手が荒れたり、かぶれたりすることがあります。

AMI
AMI
施術中にこのホルムアルデヒドを吸収してくれるアイテムがあります。アレルギーを起こしやすいお客様もいらっしゃるので施術者は念のためワゴン周りにおいてあげてくださいね。
AMI
AMI
回避するにはまつ毛エクステの施術中や施術後にエアーコンプレッサーやドライヤーなども散らせますのでしっかり滞留しているVOCを施術中に吹き飛ばす事もしてあげてくださいね。
AMI
AMI
忙しくても時間が無くてもこまめにしてあげて下さいね。

どのまつ毛エクステサロンでも揮発するグルーを使用するのでアレルギーがでたり、敏感肌、ドライアイや目が染みやすいなどの様々な心配要素を抱えている人はぜひ担当施術者に申し出てみましょう。

また、サロンで利用されているグルーには大きく分けて【エチルシアノアクリレート】と【ブチルシアノアクリレート】があり、この2つでも揮発、もち、強度など様々な違いがあります。

カーボンのアレルギー

揮発とは話が変わりますが、多くのマツエクグルー(接着剤)には着色の為カーボンが入ってます。

なぜグルーにカーボンが入っているのか?それはもともと透明の接着剤ですが、施術中の危険性を考慮(安全性を高める)したため。

①グルーの適量が見えやすくする

②まつげを黒くよりはっきり印象的にみせる

といった理由から、業界ではグルーに微粒子の黒色のカーボンを加えるようになりました。

カーボンアレルギーがある場合は、必ず技術者に申し出てくださいね。

一般的には多くのグルーに入っていますがカーボンが入ってないものもありますので心配ならば事前にサロンに電話して事前確認を。

あわせて読みたい
まつげエクステで地まつ毛が抜けた!?まつエク抜け毛の対処方法まつ毛エクステをやっていると、エクステだけがポロポロ取れる時、エクステに自分のまつげがくっついて抜け毛になって取れるとき、2つのパターン...
あわせて読みたい
“初めてのエクステ”注意点とアフターケアまとめかわいいな~キレイだな~とずっとやってみたかった!そんなマツエクにチャレンジするその時が来たら。 何が必要なのか?ただお店に行くだ...