まつ毛エクステ

マツエクを続けるなら付け替え?リペア?おすすめの方法とタイミング

 

まつ毛エクステをしている人なら一度は悩んだことがあるのが 付け替えのタイミングや“リペア”のこと。

マツエクのリペアとは??

まつ毛エクステのにおける「リペア」とは、エクステの装着後2週間~3週間ほど経つと(まつ毛のダメージやご自身の取り扱い方によっては1週間程度の場合も)

地まつ毛の毛周期(まつ毛が生え変わるサイクル)の影響や時間の経過における(グルーの劣化)でエクステが倒れたり、根元部分が浮いたり、取れて無くなります。

装着時のような綺麗な状態ではなくなるので元の綺麗な状態に戻すことをリペアや付けたしと呼びます。

毛質によって、個人差はありますが基本的に装着時の綺麗な仕上がり状態が持続されるのは2週間前後です。(普段のケア、アイリストの技術や、使用する接着剤と毛質の相性などによって差も出ます)

ポロポロ取れてきたらリペアのタイミング

まつげエクステをつけていると日にちがたつごとに徐々にポロポロととれてきますよね。

まつげエクステをまたキレイな状態に戻す場合、きれいに残っている部分はそのまま利用して、取れてしまったところや、形の悪いエクステを取り除いて新しいエクステをつけたすことをリペアといいます。

サロンの予約時はリペアで予約しましょう。

リペアではなく付け替えが必要な場合

期間が開きエクステが残っておらず新しくすべてつけなおす場合は〔リペア〕ではなく〔付け替え〕などと呼びます。

まつげエクステを全部新しいきれいなものに変えたいのに『リペア希望』と伝えてしまうと内容が変わってきますので注意してくださいね。

まつげエクステを続ける場合、リペアの多くは2つのパターンに分かれます。

おすすめのリペア方法:その1

リペア方法1:1~1.5ヶ月おきに全部付け替える

1ヶ月~長くて1.5ヶ月に1回サロンへ行きましょう。

前回つけたエクステのばらつきが気になったり取れて半分以下になってくるので新しくつけなおす方法です。

平均は3週間~1ヶ月といわれています。全て付け替えの場合、前につけたエクステが残っていても同じ店舗であれば無料できれいにオフしてくれる店舗がほとんどなので全部取れるまで待つ必要はありません。

この場合、その都度きれいにオフしてから装着しますのでとても衛生的です。

*注意ポイント*
・この場合装着2、3週間後~少しずつばらつきが気になってきますので専用コームで整えたりするなどがんばりましょう^^

・元々のまつげの毛質(油分状態)やケアによってエクステの持ちには差が出ますので担当のアイリストに状態やケア方法を予め聞いておくのがおすすめ!

おすすめのリペア方法:その2

リペア方法2:2~3週間置きに付け足し(リペア)する

2~3週間置きにサロンへ。

この場合は取れかけているエクステや曲がっているものなどを取り外し全オフはぜずに綺麗に残っているエクステをそのままに“一定本数○○本の追加リペア”というお方法です。

“リペア”は全部オフするよりもコスパがいいのでリペアでずっと繰り返すという人もすごく多いのです。

基本的には2,3回リペアしたら一度全部オフして付け直すようにしなくては、まつ毛の根元にどうしても汚れが蓄積されてしまい不衛生なのでおすすめできません。

この場合はアイシャンプーがおすすめです。

 

*注意ポイント*

・リペアだけを繰り返すのは多くても連続3回までにしましょう。

・前回装着で今回残したエクステ毛は取れるのが早いのを把握しておきましょう。

リペアについてのまとめ

まつ毛エクステは装着してから約2週間を目安に、徐々に乱れたり、量が減ってきます。

地まつ毛が自然と伸びてエクステの位置もずれ、浮いたり倒れたりしてきます。

これは地まつ毛の健康状態や毛周期のスピード、つけたエクステの種類によってもっと持ちが悪い場合や、いい場合もあります。

普段のケアの仕方によってはリペア目安の2週間~3週間の時点で半分以上のエクステが綺麗に残っている人もいれば、数本しか残っていないといったことももちろんあります。

エクステに使用する接着剤は油分に弱いので、オイリースキンの人の場合やクレンジングオイルを使用した場合やファンデーションにオイルが入っているタイプを使用しているなどの場合はもちも悪くなります。

 

エクステに綺麗さにこだわりのある方の場合、2週間程度でリペアをされる方や、予算のと相談しながらリペアの時期を調整される方が多いです。

まつ毛のコンディションも毎回同じではありませんので、その都度最善の方法でリペアをするのがおすすめです。

あわせて読みたい
まつ毛エクステのリペアとは|まつげエクステまとめまつ毛エクステのリペアってどんなかんじになるのかな?? 分かっているような、けど良く分からないような人も多いですよね。 この...